Contact

畳で健康・快適に住まう

畳はいつも家族のために働いています! 私たちは、畳の上に座る時、安らぎを感じます。
長い歴史を持っている畳には、空気の浄化作用、耐久性、安全性、快適性、保温・遮断効果など、さまざまな利点があります。 これらの性質から、畳は四季の変化に富み、高温多湿という日本の気候・風土に適した敷物であるといわれています。

畳が私たちの暮らしに欠かせない理由

部屋の空気を浄化
畳には、大気汚染の原因でもあり、人間の健康に悪い影響を与える二酸化窒素を収着し、空気を浄化する作用があります。畳が、知らず知らずのうちに室内環境の浄化をしてくれていたわけです。
スグレモノの畳
畳床は、圧縮して作られているため、弾力性があり、優れた耐久性と吸音効果を持っています。また、適度の水分を含んでいるため、燃えにくく(難燃性)、燃えても化学合成されていないので、有毒ガスを発生しません。
空気が熱をストップ
イ草やわらの内部には、空気がたくさん含まれています。空気には、熱を伝導しにくいという性質があるため、暑さ、寒さを遮断してくれます。保温効果もあります。
快適な畳
畳に座った時、温冷感(温かさ-冷たさ)、乾湿感(乾いた-湿った)の2つが影響し、ここち良い安らぎ感を与えます。
日本人の畳意識
洋風化が進む中、「畳は気軽に寝ころがれる」、「落ち着ける」、「多目的に使える」など、心理面・機能面の双方向から、日本人の畳に対する意識は、根強く残っています。

手入れして長持ち!

お心当たりはございませんか?
最近、畳の上にジュウタンを敷く家庭が増えていますが、ジュウタンは畳の呼吸を妨げ、二酸化窒素の収着の邪魔をします。
その上、ほこりがたまり、ダニなどの発生を促すため、結果的には畳の寿命を縮めることになります。

畳は手入れ次第で長持ちします!
  • 裏返

    畳表を床(下地)より取り外して裏面を表面にし、へりを新しくします。 裏返しも目安は3年ぐらいで、裏面が緑のうちにしたいものです。
  • 表替

    現在着いている畳表をはずし、新しい畳表とへりを付け替えることをいいます。4~5年に一度が目安です。
  • 新畳

    畳の床(下地)から表、へりまですべて新しい新品をいいます。15年以上なら新畳をオススメします。
ページ先頭へ
Copyright © 2014.MURATA TATAMI SHOP. All right reserved.