Contact

畳のトラブル対処法

畳のトラブル対処法

  • 家具等の跡がついた時は・・・

    お湯をかけて、ぬれたタオルの上から、アイロンをかけるとかなり戻ります。
  • 畳を拭くときのちょっとした注意

    目にそって乾いた雑巾で拭きます。ひどい汚れは洗剤よりも、薄めた酢を使うと畳が傷みません。
  • ヘリが汚れた時は・・・

    ブラシに洗剤をつけてたたき、その後拭きとります。
  • 畳のシミや汚れの処理方法

    液体がこぼれた時は、まず雑巾で軽く押さえて吸い取り、シミや汚れの種類によって次の処理を行います。
    インク牛乳で湿らせて拭きとる。あるいは、レモンで湿らせた後、塩素酸ソーダを10倍に薄めた液で拭く。
    マーキュロクロム赤チンのこと。次亜塩素酸ソーダ入りの漂白剤をつけ、さらに10倍に薄めたシュウ酸で拭く。完全にはとれません。
    ヨードチンキアルコールを布につけて拭く。
    フェルトペン油性のものはマニュキュアの除光液で拭きとる。
    クレヨンクレンザーをふりかけ、ブラシでこすり、紙で拭きとる。
    鉄さびトイレ用の酸性クリーナーで拭きとる。
    石油・尿粉末の洗剤、クレンザー、塩、小麦粉、ベビーパウダーなどをふりかけて充分に液体を吸収させ掃き捨てる。その後、かたく絞った雑巾で何度も拭く。
  • 害虫・カビとその駆除、予防法

    乾燥させることが第一です。部屋の通気をよくし、日に干すとダニは半減するといわれます。
    物理的処置 化学的処置
    予防 ・除湿乾燥(除湿機の使用、通風、太陽熱乾燥等)
    ・埃、汚れの除去(毎日の掃除)
    ・大掃除
    ・その他、床材の検討等
    ・殺虫剤等の使用
    ・忌避剤の使用
    駆除 ・除湿乾燥
    ・加熱
    ・その他、床材検討、防虫シート使用等
  • 畳に発生したカビの退治法

    漂白剤をポリ容器に入れ水で薄めます。濃度としては有効塩素0.5%以下位がGood。あまり濃度を高めると畳の青さまで漂白してしまうので注意しましょう。ゴム手袋をして雑巾でカビを拭きとります。その後、アルコールを布に染み込ませてこまめに拭きとります。
ページ先頭へ
Copyright © 2014.MURATA TATAMI SHOP. All right reserved.