平成9年12月1日新校舎に入校しました。
広々とした敷地に、木をふんだんに使った校舎と、広いランチルームが自慢です。


正面から 中央には校章が光ります

校舎と左に見えるのが体育館です。

広いグランド

標高は90メートルです。

立派なすもう場毎年、5月下旬にすもう大会が行われます。

昭和13年に作られた二宮金次郎の銅像がグランドの東側にあります。

これは、樹齢500年の「船繋ぎの松」です。ここまで最上川が来ていたことを物語っています。

廊下も広くてピカピカです。

昇降口を入ると広いホールになっています。

体育館の壁も木でおおわれています

給食はランチルームで

船繋ぎの松をイメージして、中央には太い柱があります。